エクセル カメラ機能を活用する

スポンサーリンク

カメラ機能を活用する

エクセルの他のセルやシートにあるデータを参照したい時がありませんか?

例えば、次の図のようなレポートに、別シートの表(図)を添付したい場合です。

このとき、レポートのシートに直接記入してもよいのですが、他のデータの行列の高さ・幅と合わないことも多いですね。

そのような場合は、一つの方法としてはセルを結合して、無理やり小さい表を付けるという解決方法もあるのですが、これは面倒です。

そんなときには、エクセルのカメラ機能を使えば簡単に解決できます。
また、張り付けた写真は後で移動したり大きさを変えたりも自由自在で、場所を選びません。

そのうえ、カメラ機能で張り付けた元データを変更しても、ちゃんと写真に反映されます。

なんといっても、デザイン面での自由度が高いのがいいですね。

カメラ機能の使い方

まず、カメラ機能をエクセルに表示させます。

クイックアクセスツールバーのユーザー設定」をクリックして、「その他のコマンド」を選択します。

「コマンドの選択」から「リボンにないコマンド」をチェックします。

選択肢から「カメラ」を選択し「追加(A)」ボタンを押します。

これで、カメラ機能が追加されました。
ここで、写真に撮りたい部分をマウスで選択してから、「カメラ」ボタン を押します。

そうすると、選択部分を囲む線分が点線に変化します。

そして、写真を張り付けたい個所でマウスをドラグすると、写真が張り付きます。

張り付けた写真は、次の図のように大きさや位置をを変えることが可能です。

もちろん、元のシートを変更すると、写真にもきちんと反映されます。
消去する場合は、写真を選択して「DELキー」を押せば消えます。

コメント