ダイキン 加湿空気清浄機 MCK55UN 分解清掃しました

ダイキン 加湿空気清浄機 MCK55U

私の部屋には本や物が多く、そのためほこりっぽく、のどがイガイガしたり、くしゃみが出たりするので、空気清浄機を探していました。私はハウスダストアレルギーがあります。

いろいろ調べたのですが、ダイキンがよさそうだとの結論に達し、早速物色したのですが、どれもお高い・・・・。

created by Rinker
ダイキン
¥50,338 (2020/12/03 21:02:08時点 Amazon調べ-詳細)

他のメーカーではお手ごろ値段のものもありますが、なんだか妙にダイキンが気になり、安い型落ちを探していました。

シャープにもかなり値段の張る高級品もありますね。


いっぽう、普段使いなので、ランニングコストも気なるところです。

ダイキンのフィルター類は10年持つ・・・・カタログによるとそう書いてあります。
また、ダイキン純正フィルターは6千円ほどもするようです。
10年持つなら、ランニングコストの面からもいいかもと思ってしまいました。

そのとき、ネットで目に止まった 2017年製 ダイキン加湿空気清浄機 MCK55U 。
お値段が送料込みで9千円ほど。

ちょっと見、怪しいにおいのする写真でしたが、中古品でもいいか・・と買ってしまいました。
2017年製ならまだまだ新しいだろう・・・、今思えばこれは甘かった。

で、到着した製品をみて愕然!・・・なんじゃこりゃ??? まるでジャンク品です。
ひょっとして、ゴミ捨て場から拾ってきたんじゃ・・・。
横のはめ板は外れているし、ドアはきっちり閉まらないし、においは・・・なんともいえない、すごいニオイがします。

写真ではそこまでわからないかもしれませんが、表面はかなり汚れていて、「売る前に清掃くらいせんかい!」と電話したくなるほど。
これは気持ち悪くて使えない・・・返品か!?と頭をよぎりましたが、スイッチを入れてみると一応動作はするようです。

そこで、表面をきれいにして、中身をのぞいてみると、フィルターはかなり汚れているようです。
白いはずのフィルター表面が茶色に変色している。
フィルターは10年持つんじゃないのか??・・・いったいどんな使い方をしたのでしょうか?

分解清掃

う~ん、いっちょう分解してやるか・・・・いつもの悪いクセが。
ただ、私は割とイラチなので(これは自覚症状は無かったのですが、いろいろなものを分解しているうちに、強く自覚するようになりました。それまでは、気が長いほうだと思っていたのですが・・・)、ケースのはめ込みが外れないようなときなど、イライラしてバキッとプラ部分を折ってしまうこともたびたびでしたので、気をつけねば壊すことになりかねません。

最近は、はめ込みが外れない・入らないような、イライラするときは、いったん休憩して気持ちを静めるようにしています。

このダイキンのシリーズは、プロ向けの分解手順が公開されています(ThinkPadもそうですね)。
よって、その手順をしっかりと読んでおけばスムースにことは運びそうです。
内容は素人もよく理解できる図解です。

分解手順は以下のサイトで検索してください。
製品カテゴリはルームエアコンで出てきました。

●検索条件入力 - 技術資料閲覧システム

一応、昨日の自分はあかの他人・・・なので、分解するときにはできるだけ、その過程を写真に残すようにしています。
今回は、詳細なメーカーの手順書があるので、写真は撮らなくても良かったかもしれませんが。


最初、一般のお手入れの手順で、ひととおり本体をバラしてきれいに清掃・消毒したのですが、夜寝ながら「どうせなら、この機会に中身や、ファンやモーターの部分もきれいにしよう!!」という悪魔の思い付きが・・、これで、いつも苦労する羽目になります。

さて翌日、早速、ばらばらにしていくことにします。
電装部分などは、いつも躊躇するのですが、壊れてもいいや、という思いから、思い切ってばらします。分解される方は技術書をよく参照してください。

 

さすがにモーター内部まで分解するのはやめにしましたが(今回はあまり意味が無いと思いました)、ファンをはずし、他のいろいろな部品など、はずせるものは全部はずして、風呂場でクエン酸水溶液にぶち込んで2時間漬け置きしました。


ファンは逆ねじです。

あとは、歯ブラシでごしごしとこすって、陰干しを1日ほど。
ファンまで分解して思ったのですが、最初、おそらく内部は真っ黒なんだろうと覚悟していたファンなどの本体内部が、それほど汚れていなかった、というかほとんど汚れていませんでした。・・・のはなぜでしょうか? 不思議です。フィルターはまっ茶なのに。

内部はファンが少し黒ずんでいた程度です。でも、どうせなら後悔しないようにと、手を抜くことなく徹底洗浄を心がけます。

空気清浄機本体は買ったときに、誰かが分解して組み立てなおしたような形跡が見られたので、中が思ったほど汚れていなかったのは、おそらく前の持ち主か販売店の人が分解清掃(おそらく布で拭いた程度)したのでしょう。

組み立てがめちゃくちゃだったのは、組み立てがうまくできず、むりやりにはめ込んだ状態で売っていたのかもしれません。

まあこれで、掃除して消毒することで、ホコリくさい(カビのニオイでしょうか)のが見事にとれました。

本体も汚れを洗剤とメラミンスポンジで磨き上げます。
メラミンスポンジは汚れが取れる取れる。表面を少し削るような、コンパウンド的なはたらきのようです。なので、部位によっては、メラミンスポンジでこすった傷が目立ったりするので、目立たない裏などで試しておきましょう。

メラミンスポンジ、メッチャおススメです

水でこするだけできれいになります。

 

これで新品のようになりました!

本体をすべて組み上げなおして終了!、のはずが、筺体をみるとなんだかゆがんでいるし、扉が微妙に閉まらない・・・。おまけにねじが一本余った・・・。

よくよく見ると、はめ込みがうまく噛んでいなかったりなどしていました。
もう一度ばらして、組みなおし。これが意外と難しい、全てが絶妙に設計されていて、はめ込みだけでもかなりの強度が出るようです。何度もやり直し。

少しイラつきながら何とかはめていると「バキッ」と、いやな音が・・・、やっちまった・・・。プラスチックの欠片が落ちてきます。こういうときは、やはり少し落ち込みますね。まあ、はめ込みが絶妙なので、少しくらい欠けても強度には影響はあまりなさそうです。補修はせずにそのままにします。

そして、amazonで頼んでいた新品の互換性フィルタをはめこんで終了。互換性フィルタは3200円ほどでした。互換品なので、多少値段は高くても、HEPAと明記されているものを買うことにしました。

ただ、ダイキンのこのリリーズの空気清浄機は、他に脱臭フィルタもあるのですが、こちらは納期がかかるので、しばらくは古いものを清掃して使います。

古いフィルタに鼻を近づけるとやはりホコリくさく、のどがイガイガします。

注意書きにあるように、脱臭フィルタは水洗いはせずに水をシュッシュとスプレーで吹きかけて陰干しします。
水につけてしまうと、型崩れして使えなくなるそうです。

何度か洗いましたが、微妙にほこり(カビ?)のにおいがしますが、まあ、しばらく辛抱します

さて、スイッチを入れると・・・緊張の一瞬ですが、無事に動作しました。
全体的に、気なる匂いや汚れはほぼ無くなり、見た目は見違えるほどです。

ひょっとして高く売れるかも・・・。

今回思ったこと

このような空気清浄機はやはり新品を買うのがいいな・・・と感じました。
ファンがついていて空気が循環するようなものは、見た目がきれいでも内部が驚くほど汚れている場合があります。

そう考えてしまうと、見た目がよくても、やはりちょっと気持ち悪いですね。

直接健康に関わるものなので、中古はやはり気になります。

中古を使う場合は、今回のように徹底洗浄をしたほうが安心です。
やはり気分が違います。
ただし、分解は自己責任で。

この空気清浄機の洗浄に丸二日かかりました。時給を考えると、新品が買えます。
まあ、趣味の一環だと思わないとできませんね。

コメント