エクセル 曜日を自動で表示するには

2020/08/25 のような日付からその日の曜日を取得します。

スポンサーリンク

曜日を自動で表示するには

単純に曜日を表示するだけなら TEXT関数 が便利ですが、マクロやその他の関数で曜日を利用したり、コントロールしたりする場合は WEEKDAY関数 が良いでしょう。

WEEKDAY関数

2020/08/25 のような日付に対して 0~7 までの曜日に応じた数字を返します。
返すのはあくまでの数字だけですので、漢字表記などをさせたい場合は工夫が必要です。
戻り値の数字については以下参照。

=WEEKDAY(シリアル値 ,  [種類])

種類の数値      戻り値
1または省略     1(日)~ 7(土)
2          1(月)~ 7(日)
3          0(月)~ 6(日)

 

これを使って実際に曜日を表示するには、

  • VLOOKUP 関数を使う方法
    シートの別の場所に戻り値の数字対応する曜日を書いておいて VLOOKUP で参照します。
    =VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, [検索方法])  です。参照先は絶対参照 $\$$E$\$$2:$\$$F$\$$8 にするなど気を付けましょう。
    また、検索方法は FALSE にします。曜日の表記は自由ですが、対応を間違わないようにしてください。
    IF関数と組み合わせると休暇などの判定ができます。例えば、=IF(B3=4,”休暇”,”出勤”) などです。
    下の例は、 4 すなわち水曜日は休日、その他は出勤と判定します。
  • CHOOSE関数を使う方法
    適当なセルに以下の関数を打ち込みます。
    =CHOOSE(WEEKDAY(A3),”日”,”月”,”火”,”水”,”木”,”金”,”土”)
    日曜日とか(日)、SUN としても構いません。

TEXT関数

2020/08/25 のような日付に対して 曜日を返します。
これがもっともシンプルです。

=TEXT(値 ,  表示形式)    注意:表示形式には ”  ” が必要です。

表示形式の記号  説明
“aaaa”      曜日      日曜日
“aaa”        短縮形     日
“dddd”      英語表示    Sunday
“ddd”        英語短縮形   Sun

コメント