エクセル HLOOKUP関数

スポンサーリンク

HLOOKUP関数

よく似たものに VLOOKUP関数 があります。
考え方はほとんど同じなので参考にしてください。より詳しく解説しています。

VLOOKUP関数

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, [検索方法])


HLOOKUP関数は以下の書式になります。
VLOOKUPが列番号で示された数値だけ横へデータを探しに行くのに対して、HLOOKUPは行番号で示された数値だけ下へデータを探しに行きます。

HLOOKUP関数

=HLOOKUP(検索値, 範囲, 行番号, [検索の型])

図では、C3 セルに以下のように入力します。

=HLOOKUP($\$$C$\$$2,$\$$C$\$$9:$\$$L$\$$14,$\$$A3,FALSE)

そうすると、C2セルの内容により、$\$$C$\$$9:$\$$L$\$$14 の範囲から一致するものを探し出して、下へ $\$$A3 の内容に書かれた値だけ下がったデータを表示します。

引数について、一つずつ見ていきましょう。

  • $\$$C2 セルC2の値は 14・・14(検索値)に合致するものを検索範囲から探す
  • $\$$C$\$$9:$\$$L$\$$14 検索範囲 引っ張ってくるデータの範囲
  • $\$$A3 $\$$A3の内容を読み取って、下へ2つ目のデータを取得
    検索する時の、いくつ下がるのか?(例では 2 だけ下がっている) を示す値を=HLOOKUP($\$$C$\$$2,$\$$C$\$$9:$\$$L$\$$14,2,FALSE)のように直接 2 と入力してもいいのですが、$\$$A3 のように、セルを指定することで応用範囲が広がります。

    $\$$A3 には引数の行番号の値が入っています。

    もし、A列に入れた数値が煩わしいのであれば、列を非表示にするか、数字のフォント色を白にするか、または目立たないところへ移動するなどしてください。

  • FALSE  検索値が完全一致  TRUE 近似一致

また、ここで、絶対参照をうまく使うことに注意してください。
絶対参照については、絶対参照のテクニック を参照してください。

コメント