Python 基礎7 エラー処理 標準ライブラリ

スポンサーリンク

Python 基礎7 例外処理

try

エラー処理ですが、VBでの on Error~~ Go to ~~ のようなイメージでしょうか?

ここでは try を使う方法をご紹介します。

try:
____処理1
____処理2
____処理3
except 例外指定:
____処理

このように、 try を使うとき、エラーがなければ、処理1~処理3まで実行した後、 except を飛ばしますが、もしエラーが途中で生じた場合は、 except の例外指定に該当する場合は、 except 以下の処理を実行し、終了します。

例外の内容を出力する

生じた例外の内容を取得するためには、

try:
____処理1
____処理2
____処理3
except Exception as e:
____print(type(e))   #例外の種類
____print(e)     #例外の内容

のようにすると、例外の種類や内容を print します。

スポンサーリンク

Python 標準ライブラリ

Pythonではいろいろ便利な機能を有するモジュールがライブラリ化されており、自由に使うことができます。「標準ライブラリ」と呼びます。

ライブラリをうまく使うことで開発までの時間と労力を軽減することが可能です。というか、ライブラリを極力利用していくべきでしょう。

標準ライブラリはこちらで解説されています。

Python 標準ライブラリ — Python 3.9.0 ドキュメント

標準ライブラリに加えて、数千のコンポーネントが (独立したプログラムやモジュールからパッケージ、アプリケーション開発フレームワークまで) 成長し続けるコレクションとしてPython Package Index から入手可能です。

https://docs.python.org/ja/3/library/

Pythonの書籍はこちら Amazon

コメント