Python 基礎6 モジュールの活用

スポンサーリンク

Python 基礎6 モジュールの活用

いよいよプログラミングらしくなってきました。
今回は、モジュール化のお話です。

コードの整備性

プログラムの大事な点の一つは、コードの整備性が良い、ということがあげられます。

たとえ自分しか見ないであろうコードでも、整備性をよくすることは重要なことなのです。
なぜなら、一月後の自分はほぼ他人です。コーディングの時には、忘れるはずがない・・と思うほど考え抜いたコードでもしばらくすると、暗号の塊と化します。

ましてや他人にとっては、整備性の悪いコードを読まされることはもはや拷問に近いのです。

整備性をよくするためには、関数を利用して見やすくする、コメントを丁寧に入れておく、などが考えられますが、モジュールを作るということも整備性をよくするために有効かつ重要です。

モジュールの作成

モジュールとは何でしょうか?
モジュールとは、プログラムを機能ごとに違うファイルに格納して、必要に応じて呼び出して使う・・・という方式を指します。

では具体的な方法についてみていきましょう。

例えば次のようなコードがあったとします。

#————————————–
def keisan(a,b,c):
kekka = a * b * c
return kekka

a = int(input(‘a–>’))
b = int(input(‘b–>’))
c = int(input(‘c–>’))
kotae = keisan(a, b, c)
print(kotae)
#————————————–

このコードをモジュール化してみましょう。

ファイル名 keisan.py

#————————————–
def keisan_cmd(a,b,c):
____kekka = a * b * c
____return kekka
#————————————–

として保存します。

インポート方法1

また、 sample.py として

#————————————–
from keisan import keisan_cmd  #keisan.pyをインポートし、keisan_cmd関数を使う

a = int(input(‘a–>’))
b = int(input(‘b–>’))
c = int(input(‘c–>’))
kotae = keisan_cmd(a, b, c)  #keisan関数を使用する
print(kotae)
#————————————–

とします。

インポート方法2

あるいは次のようにします。
#————————————–
import keisan #keisan.pyをインポートする

a = int(input(‘a–>’))
b = int(input(‘b–>’))
c = int(input(‘c–>’))
kotae = keisan.keisan_cmd(a, b, c)  #keisan関数を使用する
print(kotae)
#————————————–

keisan.keisan_cmd() として、どのファイルから持ってくるかを指定します。

モジュールの利点

モジュールをうまく利用すれば、コードが見やすくなり、整備性が飛躍的にアップします。

また、一度完璧なモジュールを作ってしまえば、新しくプログラムを書くときに、引っ張ってきて簡単に使え、効率がアップします。

また、そういうふうに、再利用できるコードを書くべきなのです。
自分の作った専用ライブラリとして活用できるということですね。

コメント