キャンプに! ダイソー 携帯用コーヒーミル・ドリッパー

スポンサーリンク

ダイソー 携帯用コーヒーミル・ドリッパー

先日ダイソーで発見した、コーヒーミル・ドリッパー

  

これで税込み1100円(110円ではありません)とダイソーにしてはちょっとお高めですが、面白そうなので買ってみました。

ダイソーで1000円越えの商品なんてあるんですね。

この商品は、コーヒー豆を挽くミルと、ドリッパーそしてカップが二つ付いていて、コンパクトにまとめることができます。

 

さて、使い勝手はどうでしょうか。

スポンサーリンク

ミルを使ってみた

ミルの裏側に挽きの細かさを調整できるつまみがあり、好みの挽き具合にすることができます。

慣れるまではちょっと試行錯誤が必要かもしれません。

 

ドリッパーは?

ステンレスの金属製フィルターが付いているので紙フィルターは必要ありません。

紙フィルターを入れてもいいかもしれませんが小さいので合わせるのが難しそうです。

 

金属フィルターは取り換える必要がなく便利なのですが、細かい粉がコーヒーに混入しやすいですね。ゴミ出しも面倒かも。

アウトドア用だし、あまり気にしない人はこれで十分ですね。

カップ×2個

同じ大きさのカップが二つ付いています。

これらの中にミルとドリッパー一式を収納することができ、携帯には便利です。

カップは二つとも同じ大きさなので、コーヒーを二杯淹れたいときはどうすんの?・・・と思いましたが、一杯づつ入れてもさほど苦にはなりませんでした。

2杯淹れたいときは、他に鍋やコップに入れてもいいかもしれません。

お味は?

いつも家では、コーヒーの生豆を自家ローストして、飲む直前に挽いています。

最近、外でコーヒーを飲むことはほとんどなくなりました。

我が家のコーヒーを自慢するわけじゃないですが、外で飲む安いコーヒーはまずくて飲めないですね。

コーヒー店はたまに味比べのために訪れますが、ときどき恐ろしくまずいコーヒーを出すところもあり、驚きます(なにしろ、作り置きしたものをボトルから出して鍋で沸かしたりしている。おまけにぐつぐつと沸騰させていることも! たぶん、店主はコーヒーが好きじゃないのでしょう。水出しコーヒーではありませんでした)。

 

生豆は安いのはキロ500円!!ほどからあります。

これはちょっと値段がしますが・・・。

created by Rinker
matsuyacoffee
¥1,730 (2022/06/25 21:02:18時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみに生豆は焙煎すると15~20%ほど軽くなるので、1㎏焙煎すると800~850gほどになります。一杯のコーヒーを入れるのに、だいたい8~10gぐらい使用しますから、どんぶり勘定で最安500円で90杯ほどは入れることができます。

なので、水・電気代とかガス代も考えると、最安の豆で一杯だいたい10円ほどもあれは大丈夫でしょう。

ちょっと高級な豆だと、一杯だいたい20~30円もあれば淹れることができます。

 

さらに、一杯50円も出せば、スペシャルティコーヒーがいただけます。

 

コーヒー自家焙煎についてはこちらへどうぞ

 

コーヒー
「コーヒー」の記事一覧です。

 

このダイソーのミル・ドリッパーで入れたコーヒーはおいしく入れることができました。
我が家の自家ローストした豆なので、味や淹れ方に慣れているのもあるのでしょう。

 

キャンプやドライブに持っていくのにちょうどいいと思います。

 

ただし、お湯は別途沸かす必要があるので、キャンプにいくときに使っていた携帯用のガスコンロとポットを持っていきます。

いろいろあるようですが、ご自分に合ったものを選びましょう。

 

ところで、最初、コーヒー豆を入れてミルを回していると、ねじが外れてバラバラと自己分解してしまって焦ったのですが、ねじをきっちり締めておけば大丈夫です。

おススメです。

コメント