エスプレッソコーヒーメーカー

エスプレッソコーヒー

家でエスプレッソコーヒーを飲むときがたまにあります。
エスプレッソマシンがあれば一番いいのですが、なかなか手が出ないお値段です。

話によると、デロンギが良いみたいですが・・・


このお値段では、ちょっとたまに飲むにしては敷居が高いですね。
というわけで、私は写真のような

エスプレッソメーカーを使っています。
結構年季も入ってきました。

これは上下がネジで留められていて下のタンクを外せます。

この下のタンクに水を入れて、その上のカップに極細に挽いたコーヒー豆をいれます。
そして元通りしっかりと締め込んでガスの火にかけます。

しばらくすると(多分5~6分ほど?)下のタンクの水が温められて膨張・気化し上の部分へと溢れてきます。

その際に極細に挽いたコーヒー粉を通ってくる、という仕掛けです。

もちろんですが、ガスは自動では止まらないので、見ていてコーヒーが抽出できたらガスを止める必要があります。

一度、コーヒーを入れていることを忘れていて、装置全体が加熱されすぎて大変なことになりかけました。みなさんもお気をつけてください。

この写真にあるような上の部分にコーヒーが溜まります。
ものの本によると、本当のエスプレッソの旨さは、マシンで味わえるそうな。

また、エスプレッソの味は入れてすぐが一番良く、すぐに劣化していくらしいです。

でも今の所これで十分美味しく入れることができています。

もっと入れ方の工夫ができるのかもしれません。
ご存じの方教えていただけるとありがたく思います。

私は、普段はペーパードリップやフレンチプレスですが、たまにエスプレッソが飲みたくなるので重宝しています。

自家焙煎ですが、エスプレッソ用に豆を焼いたりしていないのでなんちゃってかもしれませんが。

全自動焙煎機MASON-800でコーヒー生豆の焙煎をやってみた
コーヒー生豆焙煎 全自動焙煎機でコーヒー生豆焙煎をやってみた報告です

みなさんもいかがでしょうか。
アルミ製のもう少しお求めやすいものもあります。

コメント