池袋プリウス暴走事故に思う。私の暴走事件

池袋プリウス暴走事故に思う。私の暴走事件

飯塚被告がプリウスで暴走事故をおこし、たくさんの方が犠牲になられた痛ましい事故がありました。飯塚被告は上級国民といわれ、当初から批判の嵐だったと思います。

最近、公判が始まったのですが、飯塚被告は謝罪しつつも、ブレーキはしっかりと踏んでおり、車に何らかの故障が生じたとして無罪を主張されました。

この飯塚被告の無罪主張に対してネットではかなり激しく批判され、ご家族も大変な思いをなさっているということですが・・・・。

ネットやテレビのワイドショーなどはひどいものだと思いました。我が物顔でしったかぶりの人たち(あくまでもその時の感想です)が、彼の人格攻撃までおおっぴらに、いわく「人間として終わっている」「冷酷」「責任をとらない官僚的思考」など、言いたい放題という印象を受けました。

どこまで彼のことを知っていっているのでしょうか?(もちろん、私も飯塚被告のことはまったく存じあげておりませんが)

誤解を受けるといけないので一言お断りしておきますが、被害に合われたご家族の心痛は大変なものであり、第三者である私などがとても推し量れるものでもありません。

また、当事者でない方々のお怒りもよく分かるつもりです。

しかし、裁判も終わっていないのにネットやワイドショーなどで言いたい放題言うのは少し違うと思うのです。

コロナ騒動における一部の自粛警察に見られたような、過度な正義感からくる他罰意識が、自分には決して歯向かっては来ないだろう飯塚被告に向かったということは言えないでしょうか?

彼の車が暴走したのは車の故障からくるはずがない、アクセルとブレーキを踏み間違えたに決まっている!・・・という思いから、被告が罪逃れのために嘘をついていると決めつけたひともいるのではないでしょうか?

もちろん、飯塚被告が踏み間違えた可能性も(が)あると思います。
でも、・・・自動車の専門家でもないのに、ちょっとネットでニュースを見た程度で本当に車に故障がなかったと言い切れますか?

おそらくほとんどの人が、大した根拠もなく批判をしているように思えてならないのです。

というのも私も、運転していた車が暴走しかかるという、同じような経験をしたことがあり、また予期せぬ暴走の話を知り合いから聞いたことがあるからです。

私の暴走事件

今から20年ほど前(2001年ころ)のことですが、国産某メーカーのいわゆる高級ワゴンに乗っていました。
ここではメーカー名は控えますが、誰でもご存知の大手です。

トランスミッションはオートマチックです。その当時のオートマのシフトレバーは直線的な動きをするもので 前から P B(バック) N D L だったように思います。

とある市道で時速20kmほどでとろとろ走っていたところ、突然(詳細はおぼろげですが)エンジンが回転数をあげ、ものすごい加速を始めたのです。

驚いて、ブレーキを踏みますが、キキーッと鋭い音がしてタイヤがスピンし、あたりはゴムの焼けた匂いがしました。ブレーキが効いたので良かったのですが、あれでブレーキが効かなければ多分、恐ろしいような暴走事故を起こしていた可能性があります。

このとき、タイヤのスリップ痕がついたということは、ブレーキを踏んでいたがエンジンが勝手に回転数を上げたことを意味します

その後も回転数が落ちず、ホイールスピンをします。慌ててギアをニュートラルに入れると、一瞬で回転数が上がりレッドゾーンまで吹けきりました。エンジンの音がすごかった。

あたりの人は驚いてこちらを見ています。暴走族だと思われたかもしれません。

まあ、Nに入れたことで止まり、エンジンを切って外に出てみると道路には真っ黒なスピンの跡が。
さいわいなことに、誰も怪我をせず、事なきを得ました。

今、私のミスと考えたときにその原因として考えられるのは、走行中に何らかの原因でNに入ってしまった → 気づかずにアクセルを踏む → 回転数が上がる → Dに突然入る → 暴走する  ・・・くらいしか思いつきません。

しかし、当時は、ブレーキを踏んだのにエンジンの回転数が上がってホイールスピンをした・・・というイメージしかありませんでした。
突然エンジンが狂ったように回転を上げ始めた・・というのが当時の印象です。

その後は、運転するのが恐ろしくなり、あわててJAFを呼びました。

来てくれたJAFの人に状況を説明し、ひととおり点検をしていただいたのですが、異常なし・・・のお言葉が。

そんなはずはない、とお伝えするとその人が運転をしてチェックをしてくれました。
しかし、以前と同様に普通に走り、やはり異常なしとの判定が。
その時は、アクセルになにか引っかかったのだろう。大丈夫です。・・という説明でなんとなく納得してしまった。

しかしアクセルペダルにフロアマットが引っかかったなど、その時の状況(市道をとろとろと走行中)を考えるとまずありえない話です。

その後も乗っていたのですが、以降はそのような異常はありませんでした。
今思うとよく乗っていたな・・と冷や汗が出ます。

原因は今となっては藪の中ですが、車の故障の可能性も捨てきれないのです、というか私自身は車の故障の可能性はけっこう高かった、コンピューターの暴走ではなかったかと、今では思っています。

ときは流れて、この飯塚被告のニュースです。このニュースは、昔の私の体験をまざまざと思い起こさせたのです。

他にも、同僚が自動車でバックしていたら突然エンジンが吹け上がり、暴走して田んぼに突っ込んだ・・という事があったことも思い出しました。

彼も事故後の点検では全く異常なしとの診断でした。
絶対にアクセルとブレーキを間違えてはいない、という彼の言葉を思い出しました。
ついでに・・・・当時はだれもその言葉を信じず、ああは言ってもきっとアクセルとブレーキを踏み間違えたのだろう・・・と皆に思われていたことも思い出したのです。

他にも、WEBで知ったのですが、レクサス暴走事故、日本でのタクシー(クラウンコンフォート)の暴走事故など、同じような暴走事故の話もちょくちょく聞きます。

もちろん飯塚被告の過失だった、ということも(が)ありえるでしょう。
しかし、まだ公式判断がくだされていないうちから、嘘をついているとか、責任逃れをしている、などと何も知らない他人が決めつけるのはどうかと思います。

いずれにせよ、きちんと検査・調査して裁判で真実が明らかになることを望みます。

コメント