無賃乗車する人たち パリの改札 

スポンサーリンク

初めてパリに行った時の話です。

パリは町全体が美しく(一部落書きのひどいところあり)、街そのものがまるで美術館のようでした。

しかし、地下鉄や鉄道ではちょっとヤバい雰囲気も・・・・

無賃乗車する人たち パリの改札

昔の記事でタクシーのプチぼったくりにあった話をしましたが、

フランス・パリのタクシー プチボッタクリ事件
旅に出るといろいろなことがありますが、今回はパリでちょっとしたボッタクリにあった話です。 現在、パリ市内は結構治安が悪いらしく、観光客はみなほとんどがリュックを胸の前にして(普通とは反対に)つけていたのが印象的でした。 私は観光客です・...

パリで鉄道に乗る際に見た、無賃乗車についてお話しします。

パリ市内では鉄道は地下鉄とRERなどがあるのですが、初めてRERや地下鉄に乗ろうとしたときの話です。

改札には駅員がいません。

どうやって乗るのか迷っていたら、若いパリっ子(男)たちが元気よく自動改札を乗り越えて!いきました。

改札が壊れているのかな?と思っていたのですが、そのとき親切なパリジェンヌが「日本語!」で話しかけてくれました。

そして、教えてもらったとおり、近くにある自動券売機で買い、自動改札に入れると・・・・壊れてなんかいません!!

ん?ひょっとして無賃乗車??

そうなんです、改札に駅員がいないので、このように無視して改札を乗り越えていく人がいるんです。というか、しばらく見ていると、かなりの数の人が改札を乗り越えていきました!

こりゃ正直に買うのが馬鹿らしくなるわな。
(もちろん私たちちゃんとはチケットを買いましたが。ちなみに回数券がお得でした)

 

おまけに、その駅では改札を通ると地下へ降りていくのですが、薄暗い怪しげな雰囲気で・・・さらにエレベーターで下ると地下鉄に行き当たります。
(RERと地下鉄の改札は共通でした)

そこの駅だけかもしれませんが、電気代をケチっているのか、通路や階段などのライトが少なく・暗い!(地下鉄の乗り場では明るくなりました)

日本のイメージとは程遠く、薄暗いので、かなりヤバい雰囲気です。

実際、危険地域を通る時に強盗にあった・・・という話をWEBで読んだことがあり、そういう地域を通る鉄道は避けていました。

余談ですが、私はパリのホテルを予約するとき、ネットで見て、「おっ!安いやすい!」と宿をとったのですが、調べてみると、そこはかなり危険な地域だったということがありました。

いろいろな人が「お勧めしません」「絶対に避けるべき」とあり、あわててキャンセルした覚えがあります。

 

また、シャルルドゴール空港空港からRERに乗るつもりでしたが、危険地域を通る(しかも夜)だったので、タクシーにした経緯があります。このときタクシーの運ちゃんにプチぼったくられたのですが、その話はこちら

 

パリの治安は結構不安でしたので、みなさんもいかれるときは、下調べを入念に。

 

コメント