楽天ブラックカード レビュー インビテーションを受けるために

謎のブラックカードとも言われる「楽天ブラックカード」について、使用歴5年以上の私が解説いたします。

さて、私がどのような経緯でこのブラックカードを取得したか、年会費はいくらか、サービスはどうかなどについてお答えしていきます。

楽天ブラックカード レビュー

ブラックカードってなに?

ブラックカードはカードランクの最上級とされるカードで、その年会費の高さとともにコンシェルジュが付くなど手厚いサービスで知られています。

有名どころでは次のものが知られています。

カードブランド 年会費
アメリカンエクスプレス センチュリオン 35万円
JCB ザ・クラス 5万円
ダイナースクラブ プレミアム 13万円

これらはステータス性が高く、また入会するのも難しいものがほとんどです。
年会費も高いですね!
入会は基本的にはインビテーション(つまり招待)のみです。

これらのインビテーションがもらえるのは、そのカードのひとつ下のカードを使い込んだ上でクレジットヒストリーを蓄積し、基準をクリアーした人だけなのです。

つまり、これらのカードを持っているということは資産、信用ともに高い人というわけです。

カードの特典としてはコンシェルジュサービスがまず挙げられることが多いのですが、コンシェルジュとは私設秘書のようなものだと思ってもらえばいいかと思います。

コンサートチケット取得やレストランの予約、航空券など電話一本でコンシェルジュが手配してくれるのです。

また、プレミアチケットなど一般に希少性が高いチケットが取れる確率も高くなると言われています。
さらに飛行機やホテルでのアップグレードサービスなどが知られています。

楽天ブラックカードとは

さて、楽天ブラックカードですが、これはブラックカードと名付けられているものの世間的にはむしろプレミアムカードが相当という評価です。

ただし、かなり希少性が高いというのは本当のようで、実際、インビテーションが無いと申し込みができないカードです。
その意味ではブラック的ですね。

また当初はコンシェルジュサービスが無かったのですが、途中からきちんと付くようになりました。
見た目は黒いカードでまさしくブラックカードという装いです。と言いたいところですが、色はたしかに黒いけどちょっと高級感に欠けるような気が・・。

それは突然やってきた

さて、私は普段から楽天カード(年会費無料)を使っていたのですが、ある日封筒が送られてきたのが始まりです。

中を開けてみるとそれは楽天からのブラックカードへのインビテーションでした。
ブラックカードなど庶民には縁遠いものだと思っていたので、かなり意外に思いました。

普段から公共料金やスーパーの支払いまで殆どを楽天カードで行っていたので、毎月の使用金額はそれなりにありましたが、それほど高いというわけでもなかったと思います。
金額にして20万円前後というところでしょうか?

しかし、年会費が3万円とか書いてあったため、これはゴミ箱いきかなと思いました。が、初年度年会費無料とあるのでよく読んでみることにしたのです。

初年度会費無料

年会費3万円+税、ただし初年度は無料です。
無料なら1年位試しにやってみるか?と思ったので申し込むことにしたのですね。

面倒だったのはカード番号が変わってしまうため、いままでカード引き落としにしていたもの全てのカード情報を書き換える必要がある・・・ということですね。

これは正直面倒くさいです。
いろいろな支払いをカード引き落としにしていたので全ての情報を書き換えるまで相当時間と労力を取られました。

年会費は高いか安いか

さて、普通の楽天カードなら年会費は無料です。
それなのに3万円+税というのはあまりにもかけ離れていて払うのがためらわれますよね。ただし、家族カードは無料です。

実際に使ってみて、お得かどうかを考えてみました。
結論はお得です。うまく使えば年会費はすぐに回収できます。

それではどのあたりがお得なのか、各種サービスについてご説明いたしましょう。

楽天ポイントはお得か

楽天でお買い物をすると楽天ブラックカードではポイントが4%付きます。最大5%。
街での利用は100円で1ポイントです。

これは楽天でお買い物を良くする人にとっては非常に魅力的でしょう。ただし、プレミアムカードでも4%(最大5%)つくようですから、ブラックカードだけの特典とは言えません。

むしろポイント狙いなら年会費の安いプレミアムカードのほうがコスパは良いと思います。

イチオシは空港ラウンジ3名無料

これは年会費に含まれます。
海外旅行などで乗り継ぎの時間を持て余すことってありますよね。
このとき猛烈に暇になります。

そういったときに空港ラウンジを利用できればそこで優雅に過ごすことができます。椅子も良いものが使われているのでゆったりと過ごせます。
しかも、ラウンジでは基本的にはアルコールを含めた飲み物やスナックなどが無料です。

一般に空港ラウンジは PRIORITY PASS を持っている人しか入れないのですが、その年会費は非常に高く、利用無制限のプレステージでは年間429ドルもします。

その上、同伴者は32ドルの都度料金がかかるのです。
この時点で、ちょっと普庶民にとっては、、、、ですね。

ところが、楽天ブラックカードではこのPriority pass が追加料金なしで取得できるのです。

さらに、楽天ブラックカードのすごいところは同伴2名まで無料のPRIORITY PASSを取得できるところです。プレミアムカードでもラウンジを利用できるのですが、こちらは本人のみ。

この時点で年会費の3万円は余裕でクリアしています。

ブラックカードだと、家族旅行3人でラウンジを利用するときにみんなで仲良くラウンジを利用できますね。

一昔前に家族でタイに旅行に行ったのですが、帰りの飛行機までかなり時間を持て余したので、あちこちのラウンジを回って楽しみました。

旅行保険自動付帯

各種ブラックカードでは旅行保険が自動付帯しています。

楽天ブラックカードにおいても、国内 最大5000万円、海外 最大1億円の保険が付帯しています。家族にも旅行保険は付帯しますがこちらは海外 1000万円となっています。

国内旅行保険では、家族カードを持っていない家族も本カード会員と同じ補償を受けることが出来ます。

旅行時に各自で保険をかけることを考えるとお得だと思います。

また、さらに空港までの荷物宅配を無料で行うサービスもあります。
これは便利ですね。

レストランも半額に

私はまだ利用したことがないのですが、高級レストランが半額で利用できます。具体的には店指定のコース料理2名利用時に1名無料です。(ただしひと月に2回まで)

何回か予約しようとしたのですが、その都度満席で断られました。
これは今から思うとコンシェルジュに依頼すれば確実だったと思います。

ダイニング by 招待日和
サービス内容
「招待日和」によって厳選された全国有名レストラン約200店舗をご利用いただけます。お料理は、その店舗で最もお勧めするコースをお召し上がりいただき、2名様以上でご予約の場合に、コース代金1名様分を無料にてご招待させていただきます。本サービスはご好評につき、お一人様1カ月あたり2回までのご利用とさせていただいております。

コンシェルジュはどうか

コンシェルジュとは冒頭でもお知らせしたように、私設秘書のようなサービスです。

例えば、コンサートチケットの取得、ホテル・レストランの予約、航空券の手配などをしてくれます。

あまり利用したことはないのですが、ホテルの予約とコンサートチケットをお願いしたことがあります。

いずれも自分でやれば必要ありませんが、いわゆるプレミアムチケットの取得などでは噂によるとブラックカード枠を持っているとか・いないとか。

いずれにしても依頼する価値はあると思います。

その他、予約だけでなくオススメのレストランの提案なども行ってくれるようです。

インビテーションを受けるために

さて、特に海外旅行を多くする方にとっては超お得な楽天ブラックカードですが、インビテーションを受けるためにはどうすれば良いでしょうか。

私の経験談をお話することにしましょう。

よくインビテーションを受けるためにはプラチナカードにしなければならない、などと書いてありますが、私はプラチナカードを持ったことはありません。

普通の年会費無料の楽天カードのみです。
それでもインビテーションが来たのですから、プラチナカードを持つ持たないはあまり関係ないと思います。

要は、どれだけ楽天カードを使ったか・・・では無いでしょうか。
私は普段の支払いはほぼ全て楽天カードにしていました。
楽天のポイントを貯めようと思っただけですが。

また年に一度ほど海外旅行に行っていたので、そのときに海外でカードを使っていたのが効いたと思います。

楽天ブラックカードは特に海外旅行を多くする人にとってはとてもお得なカードですから、海外旅行にカードを利用することが多い・・・というのもポイントかも知れません。

まとめ

年会費3万円+税は高いが、結構もとは取れる感じです。
(家族カード無料)

特に海外旅行を頻繁にする人にとっては超お得なカードでおすすめできます。

荷物の宅配無料
旅行保険本人1億円付帯
プライオリティパスで3人までラウンジ無制限利用可能

コンシェルジュも付いてますし、高級レストラン半額ですしね。

取得する近道は

  1. 楽天カードを作る 楽天プレミアムカード  楽天カード
  2. 日々の支払いをすべて楽天カードにする(公共料金もカード払いにできます)
  3. できれば海外でカードを使用する
  4. 待つ

でしょうか。

コメント