アマゾンをかたる詐欺 フィッシングメールが来た

今朝メールが。
アマゾンからみたいだけど?
クレジットカード情報が登録されていないだと?

スポンサーリンク

アマゾンをかたる詐欺 フィッシングメールが来た

これは詐欺メールですね。フィッシングだと思います。基本的に無視が良いでしょう。

文面


From: Amazon.co.jp <sales@amazon.co.jp>
To: ***@**********
Subject: Amazonお支払い方法の情報を更新してください
Date: Wed, 06 May 2020 13:21:30 +0800


Amazonプライムをご利用頂きありがとうございます。 お客様のAmazonプライム会員資格は、2020/05/06に更新を迎えます。お調べしたところ、 会費のお支払いに使用できる有効なクレジットカードがアカウント に登録されていません。クレジットカード情報の更新、 新しいクレジットカードの追加については以下の手順をご確認くだ さい。
アカウントサービスからAmazonプライム会員情報を管理する にアクセスします。
Amazonプライムに登録したAmazon.co.jpのアカ ウントを使用してサインインします。
左側に表示されている「現在の支払方法」の下にある「 支払方法を変更する」のリンクをクリックします。
有効期限の更新または新しいクレジットカード情報を入力してくだ さい。
Amazonプライムを継続してご利用いただくために、 会費のお支払いにご指定いただいたクレジットカードが使用できな い場合は、アカウントに登録されている別 のクレジットカードに会費を請求させて頂きます。 会費の請求が出来ない場合は、 お客様のAmazonプライム会員資格は失効し、 特典をご利用できなくなります。

支払方法の情報を更新する


文面の最下段に「支払方法の情報を更新する」とありますが、これが偽サイトへのリンクになっています。

一瞬ドキリとしますが、私のこのメールアドレスは特別に作ったものでどこへも登録していません。
なので、一瞬で詐欺とわかります。

しかし、結構よくできています。
まず、From: Amazon.co.jp <sales@amazon.co.jp> となっているので、見た人は本当にアマゾンからメールが来たと勘違いするでしょう。

このメールアドレスは偽装されているんでしょうね。

ただ、改行にもう少し気を使うべきでしたね。
ちょっとこの文面では怪しい雰囲気が・・。

最下段にある「支払方法の情報を更新する」のリンクをマウスカーソルでポイントするとリンク先のアドレスが表示されますが、リンク先が https://techamazon-jp.tech/inger/nikomk/obok/martin/ となっておりますので、ここでも詐欺とわかります。

文面も、よくくる「変な日本語」で詐欺丸出しのおバカメールとは違い、一応それらしく書かれていることにも注目です。

クリックしてみた!

危険を承知でちょっとクリックしてみました。

アドレスがそもそもおかしいですが、入力画面はアマゾンそっくりです。
ちなみにアマゾンのロゴをクリックすると本当のアマゾンに飛びます。

もちろん他は偽サイトのアドレスです。

この画面でアマゾンのIDとパスワードを盗もうという魂胆でしょう。

ただ今営業中です お気をつけて

先程、他に使っているホットメールにも同じような文面のメールが来ていました。

こちらは結構バカ丸出しです。
メールアドレスもおかしなままで全体的に低レベル。

[親愛なるクライアント」って・・・・。翻訳ソフトでしょうか?


詐欺グループは、いま鋭意「営業中」なんでしょうね。忙しそうです。

こういうものは基本的に無視で良いでしょう。

ここであげた2通の詐欺メールは、どうも出している組織も違うようです。

皆様もお気をつけください。

コメント