造影剤つきCTスキャン検査で感動した話

スポンサーリンク

先日、のどに違和感(むせる、イガイガする、咳込むなど)があり、かかりつけの耳鼻科へ。

内視鏡検査では、「のどに腫れがあり、よくわからないので大きな病院で検査をするように」、と紹介状をもらい地域の総合病院へ行きました。

そこでもやはり、見ただけではわからないので、造影剤を入れてCT(computed tomography scan コンピュータ断層診断装置)をとりましょうと言われ、とってきたので報告します。

CTスキャン

私はCTスキャンは初めての経験です。
CTスキャンは、被ばく量が多く、年間に受ける自然の放射線の数倍を短時間で浴びるらしいというのはわかっていました。
なので、できる限り受けたくない・・・できればMRI(核磁気共鳴)が良かったのですが、医師に言われ仕方なく撮りました。(今思えば、しつこく言えばよかったと思います)

しかも今回は撮影中に腕の静脈から造影剤を入れるとのこと。
事前に「造影剤を注入すると体が熱くなりますが大丈夫です」との話。

廊下でやや緊張気味に自分の番を待っていると、先にCTスキャンを撮り終えたご婦人が「造影剤で体が熱うて燃えるようやったわ・・・( ゚Д゚) 」といいながら出てこられたので、一層不安が募ります。

血が流れている

さて、私の番です。
上着を脱いで上半身は下着姿で横になり、体全体をマジックテープのついたベルトで固定され、なすがままの状態へ。

右腕の静脈に注射針がさされ、太いシリンジにつながれます。
このシリンジはリモート操作でピストンを押し込むことができるようになっていました。

CTの撮影が開始され、いよいよ「造影剤の注入を始めます」とのアナウンス。

造影剤の注入が始まると腕がなんだか暖かい。まだ、熱いという感じではありません。
ほんわか温かいという感じです。
そのうちに、その温かさが肩付近から心臓へ移動するのが手に取るようにわかります。

なんだ、こんなものか、と思っていると。
ちょっと熱くなってきました。いや結構熱い。でも我慢できる範囲です。
その熱い塊が体を流れていき心臓でぐるぐると回る感触がします。

心臓でその熱い塊がぎゅっと集まってパッと放出される感じ・・心臓が頑張って動いてくれているな、心臓の収縮と膨張がリアルに実感できたのが驚きでありちょっぴり感動しました。

その後、熱い流れは、体の中をやや太い管(たぶん大動脈)を流れるのが体感できました!

そして、その後熱い塊が腹全体に広がって流れるのを感じます。

いったんおなか全体に広まったような熱い流れが、その後すぐに再び集まりだします。
それがなんと、股間に集まるのですね。(ちょっと下品ですが、陰嚢の根本のあたり)
おなか全体に広がった熱い流れが、股間にじゅわーっと集中します。
しばらくそこにとどまっている感じがします。でも時間にするとたぶん1~2秒かな。
これが暖かくて、なんとも形容しがたい感触です。

造影剤が腕の静脈から注入された後、あっという間に腹にまで流れたので、その1~2秒がやけに長く感じられます。

その後、足にながれるのかな?と待ち構えていましたが、以降、熱さを感じることはありませんでした。


こんな経験は初めてです。

なぜ股間で数秒立ち止まっていたのか非常に不思議ですが、狭いところへ集中して流れ込むので、そのように感じただけで実際は流れていたのでしょう。

血液はまさに、あっという間に体をかけめぐる!
自分の血液の流れるシステムが実感でき、「血が流れて生きているんだ・・・」とちょっと感動しました。

CTスキャン検査の造影剤で感動するのも変な話ですが。

肝心の検査の結果は、腫瘍の疑いあり・・Σ(゚Д゚) となり大学病院への紹介状を書いていただくこととなりました。

そんなこんなで、朝10時から夕方の5時までかかってしまった。
こんなことなら、最初から大学病院に紹介状を書いてもらうんだった・・・。

大学病院での検査の結果についてはまたブログで報告します。
やや不安。

コメント